何度でも訪れたくなる風俗を選ぶ

初めにデリヘル利用可のホテルや料金など、分かると客側も利用しやすいです。店の規模に対して在籍している風俗嬢の数が、多すぎる場合、同一人物のほとんどが使い回しだったり、よそから拝借した写真だったりするので注意が必要です。

 

きっと風俗嬢の一覧ページがデリヘル店のホームページにはあります(皆無場合は論外のお店と考えましょう)。デリヘル店の良し悪しがそういう面でも分かります。

 

数十人単位で大きなグループ店であれば風俗嬢がいることもありますが、10人〜20人前後が一般的なデリヘル店であれば妥当でしょう。また、ホテル利用客のためのホテル詳細ページを親切なデリヘル店なら設置しています。

 

おそらく出勤表にならって目移りするほど出勤率が最高場合は、風俗嬢を指名したとしても、本人が来ることはありません。プレイ料金の他に交通費、ホテル代、指名料などがデリヘルでは、かかります。

 

客を釣るための罠がこの出勤表でも仕掛けられていることがあります。距離に応じて交通費は無料サービスとしている店もありますが、ホームページには無料にしろ有料にしろその情報が掲載されている必要があります。

 

利用はそれらが確認できなければ、控えましょう。フル出勤状態ということはほぼ全員はまず無しので、霑る頼に信用しないように気をつけましょう。

 

「すみません、ただ今接客中で…」と言ってそれでもマシなデリヘル店の場合は代わりの子を派遣しますが、「分かりました」と悪質な場合は注文を受け、すり替えて全くの別人を派遣してきます。まずチェックすることとして風俗嬢の出勤スケジュールページを見てみましょう(ページ自体が皆無場合はこちらも論外です)。